« ナンバ歩き | トップページ | 予知できます »

銀幕のメモワール

Img_1163
「銀幕のメモワール」のDVDをまた観てしまった。

好きなジャンヌ・モロー、マリオン・コティヤールが出ているわけだが、久しぶりにこれを観たら、人を愛する、想うことって素晴らしい人間に与えられた宝物。

日々「彼は私をどう思っているの?」というご相談が来るわけだけど、相手も自分を愛し、それならば私も愛することにしようという方程式のもとで、恋愛は進んでいくのが常なのだろうか?

相思相愛とは、お互いに愛することで成り立つわけだけど、映画のジャンヌ・モローのように、最後は帰ってこない人への想いを抱いて、それを宝物のように生きている女性は、年を重ねたせいか周りに増えてきている。

皆、遠くを涼しげな目で見つめるようで、自分が一人の人を愛し続けた自信、誇りがあり、自分なりに悔いのない選択をし、完全燃焼し、死をも恐れない腹をくくった潔さがあり魅力的だ。

それはいつも見守られている、この世にいない人と共に一心同体で生きているせいか。

生命体として愛しあう事ができなくなっても、魂の部分では同じグループ?の仲間は永遠に生まれ変わり、また共に生きることが出来ると信じているからか。

強い愛の経験は真に強い人となる。。。

さてさて、ここ数日の金星木星&水星がまだまだ双子座に。

自分が心底愛し、愛される本物の恋を!

未だ大恋愛の経験がないなら、大恋愛映画を観ましょう。

素敵な一日をお過ごしくださいheart

« ナンバ歩き | トップページ | 予知できます »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ナンバ歩き | トップページ | 予知できます »

2017年10月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ