« 今週の予定 8/19~8/25 | トップページ | ティルダ・スウィントン »

光野桃「おしゃれの幸福論」

Img_1464飯田橋ラムラ2階の芳進堂書店は、お気に入り。

本の品揃えが、フランス、おしゃれ、インテリアなどなど、興味あるものばかり!

さて待ちに待った光野桃さんの本。

光野桃さんを知らない世代も増えてますが、彼女の「私のスタイルを探して」などのエッセイは、その時代の女性のおしゃれに対する意識を変えた。

今回久しぶりの彼女の言葉は、彼女同様に自分自身、次への移行への決意新たになるヒントが満載。

「女は人生のある時期、一度死ななければならないのかもしれない。」

「両手に古いものを握りしめていては、その先に通じるドアノブを回すことは出来ない。」

個人的には光野さんより年齢が上なので、一度どころか数回死んで生き返ってます!

この本で目を引いたのが、「月のワードローブ」

彼女は占星術で月が蟹座なんですね。

(蟹は柔らかい中身を硬い殻で覆ってますから、コートがお好き?)

そして、太陽(社会で輝く自分)ではなく、月(日々、自分が嬉しい、楽しい、本来の自分が心躍る)を大切に、ワードローブもその視点で選ぼう!ということ。

女性もある程度年齢がいき、仕事でも社会でも認められる私!になると、黒やグレー、ベージュなど周りに浮かない服を選んで、気がつくとクローゼットは無彩色だらけ。

私は「色彩は魔術」だと信じてますので、そのような無彩色だらけになると、心も無彩色?になり、喜びや楽しさを無意識に排除する自分になって、ある日空っぽの自分に気付く。

灰かぶり姫や黒尽くめの服で仕事をしなければいけない事もありますが、月(自分の家、自分の時間)こそ女性は大事に慈しんでほしい。

たかが服、されど服。

以前、ある女性社長さんがフッと漏らした言葉が忘れられない。

「本当はこんな派手な服やメイクは好きじゃないの。でも、このちょっとスキがある?スタイルだとオジサマ相手の仕事には便利なの。」

見事に自分の太陽星座を知り尽くし、太陽ファッションで彼女は会社を築き上げた。

その人にピッタリの最も似合う服はホロスコープでは生まれた時の東の地平線、社会で活躍するには太陽、本来の自分に戻り、心地よく気持ちが踊るのが月。

この3つを上手く使い分けて、クローゼット、そして自分が整えられる。

21日、水瓶座の満月。

ココらへんから、この本のようにクローゼットの整理をするといい。

さてさて、今日は午後から水瓶座の月。

夜には金星とヒット。

年齢、人種、職業にこだわらず楽しい時間が持てそう。

そんな星回りにピッタリ、今晩は、中目黒ONCEにいます。

素敵な一日をお過ごしください

« 今週の予定 8/19~8/25 | トップページ | ティルダ・スウィントン »

書籍・雑誌」カテゴリの記事

コメント

こんばんは。光野桃さんの『自由を着る』読んで、どんなホロスコープなのか?と知りたくなり、こちらにやってきました。
そうか、月が蟹座だったのですね。
>(蟹は柔らかい中身を硬い殻で覆ってますから、コートがお好き?)
本を読んでなっとく!!!です。

はじめまして。私は占星術に興味があり、色んな方のブログを読むのが趣味なのですが、なかなかファッションをテーマに取りあげてくださる方がいなくて物足りなさを感じていたところ、こちらにやってきて、わ〜っとテンションあがりました

またときどきお邪魔しますね。(2013年の記事にコメントしても大丈夫ですかね?^^:) ではまた☆

渓谷に掛かる橋様

コメントありがとうございます。
そうですね、おっしゃるとおり、オシャレやファッションを星から見る人はあまりいないかもしれません。
ファッション、美しい物は大好きなので、折々また気づきがあったら書いていきますので、よろしくお願いいたします。

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 今週の予定 8/19~8/25 | トップページ | ティルダ・スウィントン »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ