« 香りのない花 | トップページ | 靴という入れ物 »

頭の中のおしゃべり

Img_2494昨晩は、新月で、月も星も見えない!


こんな時、現代の私達には街の灯があるけど、昔の人はどれほど見えない!不安で心もとない想いに囚われたのだろうか。

街の灯が輝く現代でも、やはり新月前後は、見えない!不安で、特に女性は気持ちが揺れる。

そんな時、頭のなかで、モヤモヤ、グジュグジュ、ネガティブなおしゃべりが聴こえる時ってあります。


「出来るわけないわ~」

「もっと現実的に、考えましょうよ~」

「常識あるオトナでしょう~?」

「リスクを考えたら~」

などなど。。。

こんな囁きがよぎったら、即!切り替え。

このスイッチを切るのに一番は、身体を動かす事。

それも、汗をかくくらい。

走る、それが出来ない人は早足で歩く、できれば自然の中で大地を踏みしめる。

また、雨降りだったら、汗をかくくらいの家事労働、例えば、家中の窓ふき、床磨き、押入れやクローゼットのガラクタをぜ~んぶ出して、仕分けする、手でこねるパンを創るなどなど。

はじめは億劫でも、そのうち、額に汗がにじむ頃には、そんな妄想どころではなくなる。

そう、この汗がじわ~っと出る感覚!

汗や涙は、身体だけではなく、心の澱も流してくれます。

さてさて、数日たったら、細~い三日月が姿を表します。

今は、月や星を見上げるより、足元をしっかり見つめて。

素敵な1日をお過ごしください

« 香りのない花 | トップページ | 靴という入れ物 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 香りのない花 | トップページ | 靴という入れ物 »

2019年11月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ