« 2つは要らない | トップページ | 成り行き »

甘い飲み物

Img_3094日向でヘビイチゴ発見。


さてさて、月が欠けて今週はダイエット日より。

昨年息子が2ヶ月で25キロ痩せて、その後もキープして一年。
今ではお兄ちゃんのコムデギャルソンなど譲り受け、やっとお洒落をする楽しみを味わってます。

彼だけじゃなく、女子でも太っている原因に「甘い飲み物を毎日摂る!」という習慣の人。
もし毎日飲んでいるならば、これを控えただけで痩せる人は多い。

だって美味しいチョコやパンまで制限するのは難しくても、甘い飲み物さえ我慢すれば、血糖値は歴然と低くなるし、体重も落ちます。

ジュース(りんごなど入っている野菜ジュースも含めて)、炭酸飲料、コーヒー紅茶の甘いもの、乳酸飲料(息子はカレー屋さんでマンゴーラッシーが大のお気に入りでした!)、アルコールではカシスソーダ、梅酒系、甘いカクテル、マッコリ、日本酒などを、とにかく一ヶ月止めてみてください。

美人の食べ方、飲み方を見ていると、基本、水!(最近はコントレックスの人は少なく、水素水が多い)、お茶はジャスミンティーなど中国茶、〇〇美茶、緑茶、ハーブティー、紅茶の砂糖ミルクなしの順番が多い。

お酒は、ビールを絶対飲まないで焼酎やハイボール派が一番ストイックで、次はビールは最初の一杯だけで、その後ハイボールか辛口ワイン派。

あとは食べ方ですが、先ずサラダ、その後タンパク質の魚、肉。それでも物足りないと、ラタトゥイユなど野菜の小さなおかずを頼む。
まず、パスタやピッツァは頼まないし、パンもあまり手を出さない。

甘い飲み物は習慣性になっていた息子は、当時どうしても飲みたい時だけ、ゼロ系のコーラなどを飲んでましたが、基本ゼロというものには、砂糖の代わりにアスパルテームなど入ってますので、どうしても~の非常手段。

そうしていく内に3ヶ月も過ぎると、体の細胞が変わり、甘い飲み物は欲しくなくなってきます。

痩せることが良いというよりは、太り過ぎで病気にならない健全な身体を維持することを身に付ければ、心の方も穏やかになってくる。
そして何より、疲れにくくなり、目が輝き、異性同性の態度が変わり、ドンドン運が良くなります!

今から始めれば、早くてクリスマス、遅くてもバレンタイン頃には、美しく輝く自分、そして内なるものを取り囲む外の環境も変わるでしょう。

素敵な1日をお過ごしください

« 2つは要らない | トップページ | 成り行き »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 2つは要らない | トップページ | 成り行き »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ