« 水瓶座 | トップページ | 水星逆行 »

ウォルト・ディズニーとの約束

Img_3312花屋さんのクリスマスローズは見事に開花しているけど、我が家ではやっと蕾をつけた。


「ウォルト・ディズニーとの約束」、トム・ハンクスは相変わらず見事。

昔々、白黒テレビの時代、「ウォルト・ディズニー劇場」「シャーリーテンプル劇場」「ルーシーショー」があり、畳で暮らす日本の子供たちにとって全てが憧れ。

特にキッチンの美しさ、居間でソファーがあり家族でテレビを楽しむ風景、窓にかかるレースのカーテンの美しい影などなど、その頃のアメリカは豊かで幸せの象徴のようだった。

そんな時期、スーツで細いネクタイ、ひげのウォルト・ディズニーの優しそうなおじさまの紹介でミッキーマウスなどを(昔の顔ですよ!)見ることは楽しみだった。

この時期の水星瑠だからか、次々と過去がよみがえる。(年をとると過去が多すぎて。。。)

この映画も懐かしいメリー・ポピンズの曲で始まり、ヒロインも過去にとらわれているもの(梨?)を痛みを伴いながらも、思い出し、認め、そして新たに今を生きる。

それにしても、コリン・ファレルほどダメな男を演じたら見事な男優さんはいない。。。

自分自身、過去に一見無駄なような事でも、時の経過とともに帳尻があって「アッ、このためにあんなことがあんな時期があったんだ!」と腑に落ちる。

しかし、何個かは未だ思い当たらずどうして。。。という時期や事があり、それがずっと気になっていたが、今回の新月で、啓示?あり。

過去の事、喜びも悲しみも先ず、もう一度振り返ることは辛いことではあるが、「辛かった!」という自分に気付き、認めることから次に向かうことが出来る。

水星逆行も悪くない。今の自分なら、やり直しが出来る器になっているかもしれない。

素敵な1日をお過ごしください

« 水瓶座 | トップページ | 水星逆行 »

映画・テレビ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 水瓶座 | トップページ | 水星逆行 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ