« ターシャ・チューダー「最期のときを見つめて」 | トップページ | 花粉 »

天井高

Img_3430横浜 ニューグランドホテル。40年ぶりで行ってみて驚いたのが天井高の低さ。


Img_3426婦人用トイレなどは、モデルさんや今の若い方だったら頭を下げて入らないとぶつかりそうなくらい低い。

昔の建物は当時、素敵!と思っても、今は天井が高い空間を見慣れていると、たぶん2メートル30とか50当たりも低いと感じてしまう。

実際、住む家の天井高は今まで2メートル60はないと~と思っていたが、前の家では、カーテンを取り換えるのも脚立の最上段に箱を置き、その上で背伸びをし、電球が切れたらテーブルに乗って、窓ふきも手の届く範囲だけしか磨けなく、不便極まりない。

家はほどほどに手が届く程度の天井高、そして外の遊びに行くところはスカッと高いところがいい。

懐かしい建物は、その当時どれほど素敵!と思っても、時を経て行ってみると老築化し、電気水道、床などがっかりすることが多い(逗子のなぎさホテルなどはもうなくなってしまった)が味があり、やはり非日常を味わうことができる空間には行きたく、箱根、日光などまだまだ元気なところもあるので、改装しないうちに行ってみたい。

Img_3427
ところで、ホテルオークラなど古い建物が次々改装されるが、今まで使ってきた家具などはどうなるのだろう。。。

双子座の月。
あっちこっち元気なうちに観て聴いて味わって。。。

素敵な一日をお過ごしください

« ターシャ・チューダー「最期のときを見つめて」 | トップページ | 花粉 »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ターシャ・チューダー「最期のときを見つめて」 | トップページ | 花粉 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ