« 美しいこと、美味しいこと | トップページ | ターシャ・チューダー「最期のときを見つめて」 »

美しいものは時を超える

Img_3465魚座で太陽と海王星合。こんな星回りにぴったりなのが、もしかすると一番好きな映画、コクトーの「美女と野獣」


昨日図書館で、宇野亜喜良さんの本を発見。
彼も、その美しさに魅せられてこの本を作ったんだ!

ろうそくを持つ手、ワインそ注ぐ手など昔はCGもなかったから、さぞかし大変だったろう。
白黒映画なので、今の若い方には面白く無いかもしれないが、「美女と野獣」といえばディズニーではなく、これなのです、私は。

最近、過去が蘇るひとつに、宇野亜喜良さんがまたマイブーム。
目の大きな少女は当時のモデルさんを思い出すのも楽しみだし、今改めて見ると、そのデッサン力の素晴らしさ、特に馬(ユニコーンが多いからね)、猫、鳥、他の動物が実に上手い。

昔、イラストレーターという言葉がメジャーになり、当時の女子は宇野亜喜良さん、アントニオ。男子は横尾忠則、田名網敬一などに夢中になった。

今はWEBの時代となったが、やっぱり夜ベッドにはいる時、好きな絵本を持ってイソイソと、これは至福の時であり、眠りにつく頃はその本の中へ旅立つ。


紙!紙!紙で出来た本、書店、図書館がやっぱり好き。
素敵な1日をお過ごしください

« 美しいこと、美味しいこと | トップページ | ターシャ・チューダー「最期のときを見つめて」 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美しいこと、美味しいこと | トップページ | ターシャ・チューダー「最期のときを見つめて」 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ