« ヴィヴィアン・マイヤーを探して | トップページ | 5に魅せられた人 »

自由を着る

003久しぶりに光野桃さんを読む。


オシャレは恋に落ちることとおっしゃる。

確かに魅力的な服や物は、街でまるで魔物が格好の獲物を見つけるように誘い、引き寄せられて目の前でその服の餌食となる。

そして、陥落し、お金を払い、家に連れて帰る。

彼女はそれから10年、20年の歳月を経て、いつしか恋は愛に変わる。とおっしゃる。。。

服で20年物って私のクローゼットにあるかしら?と思わずチェックしたが
最長でも8年物。(喪服は15年ものでしたがサイズが合わず処分検討中。)

20年以上愛せるアクセサリーや物はあるが、さすがに服は私の場合はなかった。

年数ではなく、着る頻度、回数で私は服を愛そう。

この本の中に出てくる彼女のコレクションは、見たこともない美しい物ばかりで眺めているだけでも心地よい。

因みに彼女は、1956.1.26生まれの水瓶座さん、彼女の紡ぐ言葉は美しい。
昨日のヴィヴィアンも水瓶、物持ちがよく、ブラウスが素敵だった!

本物の良い物、それはその時の自分の財力で家に連れてこれないこともあるが、誘う?のはなぜ?どんな意味があるのか?

服に限らず、自分の好みが一貫して大好きな子だけ連れて来てると、その子達はお友達を呼んでくれる。

服も、物も、人も?恋に落ちるかどうか?

蠍座の月になる、本当に恋するもの、事だけに集中。

素敵な一日をお過ごしくださいclub

« ヴィヴィアン・マイヤーを探して | トップページ | 5に魅せられた人 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ヴィヴィアン・マイヤーを探して | トップページ | 5に魅せられた人 »

2017年7月
            1
2 3 4 5 6 7 8
9 10 11 12 13 14 15
16 17 18 19 20 21 22
23 24 25 26 27 28 29
30 31          
無料ブログはココログ