« カタネベーカリー | トップページ | 塗香 »

地曳さん その2

002マイブームの地曳いく子様、「服を買うなら捨てなさい」の次はこちら、「着かた、生きかた」


前著はどうしても捨てられない人に、執着やこだわりの捨て方を教えてもらったが、今回は自分のスタイルの見つけ方指南。

話は飛ぶが、この間、美容室で素敵な人の話を聞いた。

いつも素敵で彼女らしいオシャレをしてくる70代の女性、トップスは白、ボトムスはギンガムチェックのプリーツスカート。このスタイルが40年以上。

元小学校の教師ということもあり、生徒には時々「ぶりっ子先生」と言われたそうだが、今でも慕われて結婚式に呼ばれたりしているそうです。

美容院に行くのも、仕事場である学校も、正式なところ以外はいつもこのスタイル。

その彼女が帰り際、「これが私のスタイルなの。」

70歳過ぎて、こんなことが言える人って素敵。

で、地曳さんに戻して、

☆時代が変われば自分も変わる、スポーツ選手と同じように「一軍の服」は永遠に一軍ではありません。

☆服も男も、捨てたら振り返らない。間違えたら、潔く次へ行く。

☆後半のQ&Aで、「職場でオシャレを楽しむ工夫を教えて下さい」という質問に対して、彼女の答えは「職場は仕事に集中するところ、そこで着る服は、人に迷惑をかけず、賃金以上の働きをする服!」


また体型による似合うもの、似合わない物が参考になる。この夏今まで好きだったサブリナパンツに違和感。。

そう!そう!脛が太くなった為、その途中で切れている丈は増々太いのを目立たせていたのね。

着かたはその人の生きかたそのもの、そして選ぶ服は、その人の価値観の全てを表す。
(彼女の本、服=男に置き換えて読んでみると、ダメンズウォーカーは減る?)

今日明日、乙女座の太陽は山羊座の冥王星と良い角度。
良い仕事をする大人になろう。

素敵な一日をお過ごしください

« カタネベーカリー | トップページ | 塗香 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« カタネベーカリー | トップページ | 塗香 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ