« ジュリア・キャメロンさん | トップページ | シャセリオー展 »

アーティストデート

Img_6416練馬美術館へ。


ジュリアキャメロンさんの本によると、モーニングページの他、一週間に一度は美しいものを見ようという「アーティストデート」というのがある。

今まで、私はそれなりに「美しいもの」を見に行っていると思ったが、続けていくうちに質が上がってきた?

忙しい時30分時間あれば、デパートを上から下まで巡って「美しいもの」と触れた気分になった。(ここで「美しいもの」と思う?いや時には百貨店の思惑通りにお姉さまの言葉に負けて、家に連れ帰ればそれで満足。。。)

また、夕食後ダラダラと送られてきたDVDを、そんなに見たくなくても返さなきゃいけないからと観る。。。

美術館、映画は仲良しヤギさんの行くと、彼女がここに行かない?というのはほとんど大当たり。(彼女は家でDVDは観ません、映画は映画館で観るものですと)

 
しかし、場数を踏んでない私が選ぶものは、外れることが多かった、今までは。

さて練馬美術館、「19世紀パリ時間旅行」。大好きな鹿島茂さんのギャラリートーク、抽選で外れたが、深井晃子さんの「パリジェンヌの発見、首都の華とモード」は当選した。

Img_6417改革前、後のパリの地図などは、正直さほど興味がなかったが、奥の展示に当時のドレスが5着。

撮影禁止で残念!シルクタフタ、ビロードの美しいドレープ!


繊細なピンタック、ギャザーなどで女性の身体をいかに女らしく華奢にみえるように知恵を絞っていることか。

膨らますところは膨らまし、絞るところは絞り、ウエスト、そして袖口などは目を見張る。

最近のマイブームが1850~1950頃の絵画、モード。

深井晃子さんのお話でも、当時のドレスを描いた絵が紹介され、改めてメアリー・カサット、ルノワールを見直したい。

今日の月は牡羊。好きなことにはアグレッシブ!

素敵な一日をお過ごしくださいheart

« ジュリア・キャメロンさん | トップページ | シャセリオー展 »

日記・コラム・つぶやき」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« ジュリア・キャメロンさん | トップページ | シャセリオー展 »

2017年12月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
31            
無料ブログはココログ