« 久しぶりな男の顔 | トップページ | 最強のタンパク質 »

100gって大変

Img_7452シュガーホリックから抜け出したみたい。食後のチョコ一欠片も要らない。頭はスッキリ、夜は完全熟睡。

ただマイルールはゆるいので、友人や親しい人との食事は楽しみます、しっかりデザートも。楽しくなければ続かないもの。

砂糖、甘みが欲しくなくなる一番の方法は、タンパク質をしっかりとる、魚、肉を100gづつ、そして卵と大豆食品、マゴハヤサシイ小鉢数々。

魚かお肉を手のひらひとつ分、今までアバウトでしたが、ちゃんと測ってみたら(仲良しヤギさんはバッグでも傘でも何でも測っていた。。。)、たっぷり食べてもせいぜい70g。

森拓郎さま!お刺身盛り合わせ120gなんてとてもとても食べられません!

ささみだって、100gって結構な量です、この歳には。

先に野菜からだとタンパク質100gは食べられなく、がんばって食べると最後にご飯は80gなんて無理。

当然、食後の甘いモノなんて手が出ない、お腹というよりハート?気持ち?脳?がしっかり満足する。

今まで最後に甘い物必須って、タンパク質が足りなかったの?

肉、魚が余り食べられない人ほど、卵で補うのが楽、卵のことはまた明日にでも。

月は山羊、効率よく時間を有効に。そして何でも測ってみよう。

素敵な一日をおすごしくださいheart

« 久しぶりな男の顔 | トップページ | 最強のタンパク質 »

心と体」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 久しぶりな男の顔 | トップページ | 最強のタンパク質 »

2018年8月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ