« 午前中は外へ | トップページ | デビルズフード »

バルボティーヌ?

Img_7583水無月、毎年6月になったら必ず食します。


さてさて今日もきれいな金星木星海王星のグランドトライン。

そのおかげか、昨日はどうしても神頼みしないと叶わなそうなことがラッキーなことに叶い!御礼参りに金王様へ。

その帰りはヒカリエ、お決まりのコンランショップから徘徊。

なんと期間限定でフランスアンティークの西荻窪の店が奥にあり、見ていたら、昔躍起になって探し回ったバルボティーヌらしきものを発見。

Img_7591

バルボティーヌ、Barbotine フランス語で凸凹の意味。酸化錫の釉薬を使用した陶器。マジョリカ焼きともいわれます。

アスパラガスや花、鳥、魚や貝などボコボコ浮き出ているようなお皿は、田舎っぽく、分厚く野暮ったく下手すれば悪趣味?


https://search.yahoo.co.jp/image/search?rkf=2&ei=UTF-8&gdr=1&p=%E3%83%90%E3%83%AB%E3%83%9C%E3%83%86%E3%82%A3%E3%83%BC%E3%83%8C%E3%81%A8%E3%81%AF

子供の頃のミルクコップが木とお家のマグで、取っ手が木なんです!

バルボティーヌを真似した日本の物だと思うが、大好きで大好きで取っ手が壊れても何度もアロンアルファでつけては最後はペン差しにしていた。

そんなこんなで、うさぎ型のピッチャーなど探し回った時期がある。

アンティークなので多少の欠けなどあるため、目で見て確かめないと買えない。

Img_7592

北欧の洗練された器、日本の器も好きだけど、バルボティーヌは眺めているだけでなんかしあわせ。

苺が来たからこれからはお仲間を呼んで、うさぎのピッチャーやパンジーも来てくれるかもしれない。


苺、聖母マリアの象徴。愛情や友情の象徴。

素敵な一日をおすごしください

« 午前中は外へ | トップページ | デビルズフード »

住まい・インテリア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 午前中は外へ | トップページ | デビルズフード »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ