« 美人は。。。 | トップページ | 小さな変化も。。。 »

日本の宝、北斎

Img_8211_2「新・北斎展」、彼の描く向日葵が見たくて六本木へ。 世界に誇る日本の宝。

向日葵は、今私が思い描いていた物と、当時日本に入った品種と違うのでは?優しい姿の花。

平均寿命が50歳くらいの江戸時代に、90歳まで見事な絵を描き続けた彼は一体何者なのだろう。

絵もさることながら、書の美しさ、その小さな一枚に見事な構図。

彼の視界には何が見えていたのだろうか?波の先の形が見えたというから。

90歳になっても、もっと上手い絵を描きたいと切に願い祈り続けたという。

日々の暮らしは構わず、住まいを変え、名前を変えることを厭わず、逆にそれが良かったのか?

彼の太陽の真反対に天王星がある、変化は苦手どころかそれで次に向かう力になったのか?

タバコ、お酒、お茶も嗜まず、仕事が終わった後に二八蕎麦を二杯食べるくらい。

そして歩く、歩く、歩く!

三浦雄一郎さんにしても、いくつになっても目標があり、それに向かっていく意志と体力。

68歳頃、中風(脳出血?)になるが、自分で薬を作り(ゆずと日本酒で)治す!

北斎、1760、9,23江戸生まれ。(10,31生まれ説もあり)

天秤座1度、プログレスの太陽は90歳の時、山羊座1度になり90度のスクエアを形成し亡くなった。

素敵な一日をおすごしください

« 美人は。。。 | トップページ | 小さな変化も。。。 »

文化・芸術」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 美人は。。。 | トップページ | 小さな変化も。。。 »

2019年5月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ