« バランス | トップページ | ラーメンの身体? »

ランジェリー

ランジェリーの話を蠍座に月がいるうち書きたかったが、もう射手座に入ってしまった。

若い頃、初めてパリに行き一番のカルチャーショックがランジェリーというものが普通に暮らしの中にあるということ。

貧乏旅行だから、ソルドの時期でもないパリでは変える洋服など無かった。

とある庶民的な地域で日本で言えばしまむら?っぽい店で、唖然としたのが下着、いやランジェリー売り場。

肌の上に最初に身につけるものは、肌着、下着のイメージでしたが、その場末の店では、メロンやスイカのような巨大なブラジャーの中に、うっとりするような美しいレースのスリップやキャミソールが山のよう。

もちろんシルクではなく安価なナイロンですが、その色彩、種類の豊富さに圧倒され、禁断の園に踏み込んだ気持ち。

そこではお化粧っ気のない普通の地味なマダムが買い物かご片手にレースを吟味している!負けずと物色するも、当時やせっぽの私に合うサイズはなく、赤ら顔のハムのような巨大なマダムがジュニア用のコーナーに連れて行ってくれ、やっとレースたっぷりのオフ白のキャミソールとスリップを買いました。(あちらではジュニアでもあんなレースのランジェリーを着る?)

フランスでは白髪のマダムも腰の曲がった老婆も、襟ぐりの空いたトップスで緑やワイン色のブラの細いストラップを見せて?いたり、ブラウスの下の黒の下着を見えるように?着ている人をずいぶん見かけた。決してランジェリーが生業に必要な職業ではない普通のマダムたちが。

ここ数年、楽に流れてブラトップ、ノンワイヤー愛用、またベージュばかりの引き出しがときめかなく久しぶりに某デパートの下着売り場へ。

赤い下着が目立ち「海外の人のため?」と聞いたら、「今、日本人にも赤が人気、ベージュから赤へ変わってきてます」

素肌の上に最初に纏うのが下着、ランジェリーは大事なプロテクター。その上にはファストファッションのシャツでも構わない。

さて久しぶりに色々試着して、1つ目のショックはもうオーガニックコットンの小花模様なんて老体には醜悪であると。

2つ目は、ブラトップ愛用で胸のお肉はすべて背中や脇腹に流れたことを試着室の三面鏡は教えてくれた。

3つ目の発見は、歳を重ねたら意外と濃い色、ゴージャスなレースは若い頃より悪くない?

Img_8418

人に見せる気もなし、ただ自分だけの楽しみですが、もし私に何かあった時息子たちよ、クローゼットの引き出しを開けて驚くなかれ、フランスかぶれの母なのだから許せ。

さあ射手座、動いて贅肉退治。

素敵な一日をおすごしください。

« バランス | トップページ | ラーメンの身体? »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« バランス | トップページ | ラーメンの身体? »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ