« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年5月

戦力外!

静謐な静物画は、家を穏やかにする、絵葉書でも。

Img_8517

6月3日、双子座で新月。

今、金星、木星、土星、冥王星などそれぞれ最も力を発揮するサインにいますので、物事はそれなりのところに落ち着くのが一番よというわけで、今までちょっと違う?と違和感があった恋愛、仕事など、物や事柄を見直すと、次に向かいやすい。

ということで、この週末、「ときめかない」どころか「痛い」服や本当に痛い靴など処分の予定。

そこで思い出したのが、地曳いく子さまのお言葉。

下着などその日着てワイヤーが食い込んだり、居心地悪い一日にした下着の捨て方は、洗濯などしてから捨てようと思わず一気に捨てなさい!

そう!私は戦力外の衣服、一回洗濯してから捨てようと思うと、結局また、畳んでクローゼットにしまってしまうのです!

月火星、水星木星もあり、今日は一気に戦力外を切り捨てられそう。

素敵な一日をおすごしください。

 

 

バレルコレクション

今日は情報を司る水星と霧のような海王星が凶角。

居眠りしてスマホ落としたり、不確かな情報に惑わされたり、夢の世界をさまようのではなく、しっかり今ここの現実に。

さてさて、Bunkamuraでは門外不出のイギリスの海運王、ウィリアム・バレルのコレクションが展示されています。

Img_8512

ドガの名作「リハーサル」や、ルノワールなどなど。

見に行った日は海王星が月と重なる日でしたが、こんな日に「海運王」のコレクションはなんだか嬉しい。

庭園美術館も元皇族のお屋敷でしたが、本当の「良い」お金持ちは人が歓ぶためにお金を使っている。

バレルも大気汚染の影響が少ない土地に美術館を建て、皆に見せてくれるなんていいですね。

そうそう話は飛びますが、私達がお金を使う時、良いお金が流れているところで使うのがベスト。

そういう意味では、こういう催し物に足を運ぶのは開運アクションと言えるでしょう。

展示会場終わりの絵葉書売り場で、素敵な白い花の絵が版画で額装もしてあり、29800円!

友人は即申し込みましたが、売れた赤いシールは何十個も。

幸せのおすそ分けが家に来るかも。

素敵な一日をおすごしください。

 

 

キスリング

昨日、魚座の月でしたので美術館巡り。

Img_8515

タータンチェックのドレスに身を包み、百合を抱いたこの少女に逢いたくてやっと庭園美術館へ。

ちょうどISETANから来たダイレクトメールもタータン、当時タータンはモードの最先端?

エコール・ド・パリ!この時代が好き。

キスリングは水瓶座(1891,1,22生まれ)

進行の太陽が活躍した頃から、柔軟宮の魚座に入ったせい?レオナルド・フジタと同じおかっぱ頭の時期もあり、画風もセザンヌ風?モジリアニ風?ブラック、マリー・ローランサンなどなど周りの影響を受けたのだろうか。

また、女性像は衣装の細部の刺繍までこだわって描く(父親が仕立て業)が、男性像や風景は女性像に比べ時間をかけてなかったのかな。

花、果物にしても、人によっては稚拙に見えるかもしれない、好き嫌いが別れる画家だろう。

しかし、私は大好きな青緑~緑の多いこの画家の絵、全部が好きではないが心に引っかかる絵が何点かある。

これだけの膨大なキスリングの絵を素敵な建築物の中で見ることは生涯ないだろう。

この庭園美術館、今も建物だけじゃなく庭も一般庶民に開放しているのは嬉しいこと。

Img_8504

この空間でゆったりした時間を過ごせるのは最高。

Img_8505

さて牡羊座に月は移動。牡羊といえば火星、バチバチ切ってくれそうなスタイリストでヘアーカット。

素敵な一日をおすごしください。

 

試行錯誤

Img_8502

お買い物途中、不思議な建物発見。

今、双子座に太陽と水星、あっちこっち好奇心の赴くままお散歩コースは日々変わる。

太陽双子に入ってから、試行錯誤、紆余曲折、なんだかんだいいながら目的地に向かっている実感。

さて最近は、関節痛のためのソックスやインソール、靴など色々試したけど、結局はインソールをいれる、締め付けるサポーターをしてもその時は良いけど、根本的な解決にはならない。

信頼している接骨院の双子座イケメン院長は「出来ることからしていきましょう!まず足の指で毎日タオルを手繰り寄せて。」

浮き指など足の癖を変えていくって、骨を司る土星、仲良くお付き合いしていこう。

時間をかけて、根気よく、楽しくないけど毎日鍛錬すれば、ガチガチの骨も変わってくるのかもしれない。

今日は魚座の月。美しい絵画や芸術に触れて。

素敵な一日をおすごしください。

人体実験?

魚座の月、下弦の月になりましたので不要なものを次の新月、6/3まで減らすモード。

また魚座の海王星、山羊座の土星、射手座の木星、牡牛座の金星、双子座の水星と、各星は最も居心地よく、その力を発揮する配置。

自分の身体も環境も、本来の最も居心地良い状態に戻すにはうってつけ。

さて今アサイチで膝の話をしてますが、先週、私の身体をメンテナンスしてくれるイケメンの院長さんが「一週間、糖質オフ生活してみると関節痛は減る」というので人体実験。

そんなにご飯は食べないのにと思ったが、糖質だらけでタンパク質が足りない食生活!

朝果物入ヨーグルトに始まり、食後にはチョコひとつ?や果物とデザートは欠かさず、夜寝る前は殺菌?のための蜂蜜でしたから。

最近ズルしておからやひじきの煮物をセール品の昆布つゆなるもので味付けしてたけど、よく見れば果糖ぶどう糖液糖入り。

Img_8501

先生曰く、果物も果糖が入ってるので禁止、もちろん果糖入調味料も。

関節痛は二日目から軽減、あの軟骨サプリ飲んでもダメだったのに。

体重は1週間で1キロ減。

味覚が変わり、いや本来の味覚を取り戻し、今まで習慣で飲んでいたインスタントコーヒー、納豆、豆乳ヨーグルトが不味い。

もしかすると、大豆アレルギー?と思い、一日大豆なしにしてみたらスッキリ。

ということで、ヨーグルトにきなこをかけ、煮物に大豆をやめることにして、きなこ、大豆粉、おからパウダーを処分。

大豆製品は味噌と醤油のみ。

魚座の月の人は、お酒、薬物が身体に回りやすいと言われてます、お酒のミックス、薬の飲み合わせなど気をつけて。

素敵な一日をおすごしください。

 

 

 

 

最強のRGB

みずがめ座の月、魚座生まれですが、全ての人々の平等な権利のために全力で生きている素晴らしい女性がいます。

アメリカの最高裁判所判事、ルース・ベイダー・ギンズバーグ。

彼女のドキュメンタリー映画が今上映されてます。

1933,3,15ブルックリン生まれのユダヤ人。86歳。

1950年代にハーバード大に入学するものの、「男性の席を奪ってまで入学した女子大生」達には女性用トイレは無かった。

彼女の旦那様も当時の保守的なアメリカではきっと珍しい、素晴らしくリベラルな人。

そんな家族の支えもあり、当時のクリントン大統領に最高裁の判事に任命されるわけです。

自己主張していかねば生きていけないと聞いたアメリカのイメージとは違い、賢く、控えめで小柄、数少ない発言は皆の心を打つ。

彼女いわく、「個人の個性や資質にふさわしい生き方を自由に選ぶ」という事が私達の未来を開く。

1970年、80年代とウーマンリブなど女性解放運動が盛んになったが、人工妊娠中絶の選択を女性が出来るようになったことは、女性が自分の生き方を選択できる権利を得られたのも彼女の力だと思う。

ちょっと気になるのが最近、アメリカでは8つの州が宗教上の理由で人工妊娠中絶を禁止し始めた。

近親相姦やレイプなどの暴行での妊娠でも中絶は認められず、レイプ犯よりも中絶した医師が99年の禁固など重い刑に処される。

ルース、これってどう思います?

トランプ大統領を一時批判し、謝罪してるからきっとお口はつぐんでいるわね。

素敵な一日をおすごしください。

 

ダイアン・キートンのベルト

Img_8421

お気に入り栞。

今日の山羊座の月は、土星、冥王星とヒットしていく。

山羊座といえば、1946年1月5日生まれのダイアン・キートン。

彼女の太ベルトがずっと気になっていた。

インしたシャツ、またはジャケットの上からよく彼女は太いベルトをしてます。

https://www.instagram.com/diane_keaton/?utm_source=ig_embed

あれは彼女のスタイルだが、どうしても私は中高年になり体型保全のため、昔の過食症防止、ウエストを甘やかさないための土星(厳しく鍛錬し減らす、縮小する)ベルトに思えてならない。

ジャック・ニコルソンと共演の「恋愛適齢期」では、一瞬のヌードシーンがある。

確かに一瞬だがあの年齢で一糸もまとわぬ姿を披露できるなんてお見事、ちゃんとウエストがくびれてますもの。

そう、とにかくウエストは木星気分で甘やかすと、ドンドン緩んできます。

ファッションはカジュアル化の時代のせいか、街でトップスインの木星域(45~55歳)年代は殆ど見ない。皆上にハラリと出しちゃいます、ボトムはもちろんストレッチやウエストゴム。。。

しかし、ダイアンの太ベルトをしてれば、当然山のようには食べられないだろうし、肋骨と骨盤の間が空いてくるだろう。

無駄なものを削ぎ落とし、日々コツコツ訓練し、体型を維持していく土星使いのうまいダイアン。

土星域ファッションの見習いたいお手本。

素敵な一日をおすごしください。

 

 

フランソワーズ・アルディ

今日の月は山羊座。山羊座の素敵な人といえば、ミック・ジャガーが「僕のミューズ!」と言った、フランソワーズ・アルディ。

若い頃の写真は、まるでツインソウルのように似ている。

シャンソンというよりフレンチ・ポップス?

若い頃から、そして今も大、大、大好きなのがやっぱり彼女。

1944,1,17生まれ。(ちなみに1月17日生まれには、坂本龍一、山口百恵、女優のりょうさんがいる、みなCOOL!)

歳を重ねても素敵、大病を乗り越えて、また歌ってくれる、あこがれの先輩だ。

Img_8470

最近5枚組のCDを買ったが、家の中の植物は居心地良さそう。

植物はモーツァルトなどクラシックに反応する説があるが、我が家の植物はアルディが好きみたい。

素敵な一日をおすごしください。

 

レモンケーキ

今晩、太陽、水星が双子座に。月は射手座。

射手座(海外)要素が多い人って、KALDI好きな人が多い。

さて、太陽の果物は柑橘系のオレンジ、ライム、レモンなど。

先日、祖師谷大蔵のリムヴェールパティスリーのレモンケーキを頂いてから、レモンケーキのマイブームが始まってしまいました。

Img_8499

瀬戸内レモンをふんだんに使って、皮のピールの歯ごたえといい美味しい。

今日は半分だけ、は無理でひとつ完食。

初夏にふさわしいお菓子、梅雨時もサッパリ気分のこのお菓子、双子座っぽい。

素敵な一日をおすごしください。

 

ストレッチ素材は土星の味方

牡牛座の金星、天王星と合。

金星は心地よく自分の身体や心が喜んでくれるのが大事。

ということで、一粒万倍日の昨日は矯正用5本指ソックスが履ける靴探し。

ここ数日、素晴らしいプロのアドバイスを得られて買い物は大成功。

靴にしてもデニムにしても、自分で思っているものより、お店の可愛いお嬢さんが「こちらがおすすめですよ」という自分では絶対選ばない物を試着すると目からウロコ!で快適なものばかりだから時代に取り残されてる?

踵はしっかり保護され、紐は結ばなくても足首はキチッ、平たく伸びた指は当たらず痛くない。

キラキラがついて、パンツでもスカートでも5本指ソックスで1万歩は歩けそう!スニーカー万歳!

Img_8496

新宿ISETAN。

物を買う時、相談に乗ってくれそうな人相の良い人に、自分はこうこうこうだからこんな物が欲しいとハッキリ伝える事が大事。

そしてその要望に見事に応えてくれるプロの店員さんがいるところ、そんなところはやっぱり次も行こうとなる。

時代が変われば、素材も変わる。

ストレッチ!これはジャケット、パンツ、シャツ、スニーカーと身体が固くなってくる土星域には魔法のアイテム。

さて明日には太陽、水星と双子座に移動。

ここ一月、牡牛座モードで心と身体が歓ぶ方法を探ってきたけど、やっと結論が見えてきたところ。

太陽が一月に一つのサインを移行し、2~3日で移る月もみな、星の学びのお誘い。

星は誘うが強制はしない。

小さなお誘い、気づいたら動かなきゃ。

素敵な一日をおすごしください。

惹き寄せ

最近惹き寄せた子。

Img_8476

これは通りがかりの八百屋?の店頭で見捨てられたように倒れていたが、よく見ると脇から新芽が出てる!

小さな花だけど、見過ごせなくて連れて帰った。

なんか捨て猫を拾って帰った気分。

素焼きの鉢の小さな蘭を窓辺のレースのカーテン越しに並べる。。。

これはずっと憧れ、このデンドロビウムはちょっと予想外だけど。

今までの家では何個、蘭を枯らしたか。

蘭って人と同じ?暑くても寒くても日差しが強くてもダメ?

連れて帰って水をあげたら、なんといい香りを放ってくれるのでしょう。

猫も犬もペットは諦めたけど、そうだ!蘭にしよう!

さて、てんびん座の月、そういえば金星は木星といい角度、火星も昼には蟹座に入る。

愛でること、恋いする対象が人じゃなくても、それは元気のもと。

素敵な一日をおすごしください。

 

オシャレは足元?

月は天秤。金星火星がこのところいい角度なので、恋愛にはいいかしら?

天秤座の月なのでオシャレしたいのに。。。

オシャレは足元からといいますが、最近は履ける靴がなくなってきた。

外反母趾じゃなく内反小趾。小指の付け根の骨がポコッと出てきた。

加齢とともに靴のサイズが大きくなる人は(Eが3Eとか幅が広がる場合)指のアーチがなくなってきた証拠。

土踏まずのアーチもなくなり、指のアーチもなくなり、若い頃の細身の足は一反木綿?カレー屋のナンのよう。

ということで、五本指ソックスは必須、このソックスが履ける靴を探していたがやっと発見。

(ビルケンやダンスコは革が固くてあたるのです)

接骨院通いなどで、靴を脱いだり履いたりが多いので、それも楽なもの。でもかかとやアーチを守ってくれるクロスしたベルトもあるから足元は泳がずしっかり。

Img_8484
Img_8483

昨年からスカート派を目指していたが路線変更。

靴、靴下も時代とともに素材も形も進化する、どんどん若いプロフェッショナルに教えを請うて身体が喜ぶ判断をしたい。

素敵な一日をおすごしください。

 

右折

明日は金星が牡牛座へ。自分の五感を信じて本当に自分が喜ぶ身体、心へシフト。

Img_8475

さて最近話題の右折、昔、友人から貸してもらったオンボロのオートマ車、ホンダのシビックを運転していた時期があった。

学童、保育園と立ち寄り、ついでに友人の子もピックアップして行くわけだけど、とにかく右折が怖くて。。。

なるべく右折しない帰り道を選ぶから、遠回りになってもう遅い遅い!

右折、高速、雨の日、夜間の運転は苦手、我ながら呆れちゃう!

当時のママ友の一人は、「後続車に下手って思われるから、カーブではブレーキ踏まない!」などというツワモノもいたが、今、同年代の友人達は親の介護も終わり、運転の必要が少なくなり返納し始めている人が増えてきた。

身分証明のためだけの、ゴールド免許、今度更新時には返納しよう。

60代以上のクライアントさんで「もう車の運転が最近怖くって!」という話を時々耳にしますが、それでも運転せざるを得ない状況は、血圧も上がるし、心身ともに相当なストレスとなる。

周りの人と協力して、運転回避出来る環境づくりを考えてほしい。

素敵な一日をおすごしください。

水垢取り

月は乙女座、気なるところ、細かいところを磨く。

マンションの査定、内覧でけっこう目立つのが、水垢。

浴室の鏡やキッチンの水栓など、ステンレスの輝きが白く曇っているとマイナスポイント。

賃貸でも息子の一人は退去する時、浴室の鏡の水垢のため戻る敷金は減ったと言ってました。

実際5年住んだ家は、一番手こずったのが浴室の鏡。

あらゆる洗剤、研磨剤を試したが、毎日サボっていた水垢はそう簡単には落ちない。

ということで、今はお風呂に入ったあとは、鏡、ステンレスの水栓中心にあっちこっちフキンで拭き上げる。

Img_8481

ちょっとサボったトイレの洗面台などは、クエン酸を溶かした水を吹きかけてしばらくおいてからキュキュッと磨き上げる。

とにかく汚れは溜めたら、それを落とすに倍の時間がかかる。

幸田露伴じゃないけど、ステンレス、金属はピカピカに光らせるとそれだけでポイントアップ、家が喜びます。

素敵な一日をおすごしください。

 

 

理想の住まい

蟹座の月なので家の話。

ペントハウスじゃないけど最上階で太陽がサンサン、ベランダでブランチ?に憧れ、実際2回、最上階のベランダが広いマンションに住んだ。

子供が小さい頃ビニールプールをおき、鉄棒をおいて苦手な逆上がりを特訓し、スイカやかぼちゃをプランターで栽培し、楽しかった。

しかし、台風が来ると排水口に落ち葉がつまり、室内まで水が入りそうになるから、暴風暴雨の中、雨合羽を着て20センチ以上の水の中を命綱なし?で落ち葉を取るのは怖かった~。

また、子供がチェーンを掛けてお昼寝しちゃったために玄関から入れす、ベランダの柵を伝いに室内へ入る!という(怖くて下は見なかった)スタントウーマン?!も経験しました。

二件目のベランダは広くなかったけど、東京が一望に見渡せ、近隣のマンションベランダでも、テーブルセットをおいて和む人や、空手や竹刀の練習、花を育てたりと小さなベランダ生活を楽しんでいる人々の姿が嬉しかった。

しかし、強風が来れば換気口はバタバタするし、何より3.11の時2日間エレベーターが止まり、水など重いものを持って階段の上り下りはできないとその時悟りました。

またその後の揺れもすごく、パスタを茹でてる途中何度もガスが止まり、生きた心地がしなかった。

給水塔が屋上にあるので、その点検はドシンドシンだし、夏の暑さもこたえました。

以前、東洋の占いの師匠は「女性は特に大地の気が入るように、マンションならせいぜい3階までだね」

友人でも元気な人は戸建ての人が多い気がする。

さてさて、理想の家に出会うには。。。

昔、有元葉子さんが「今住んでいるところが狭くても、とにかくこれ以上できない!というくらい綺麗に美しくすると、そのうち理想の家が不思議と向こうからやってきます」という言葉を肝に銘じ、せっせと住みたい家、暮らし方のスクラップを集め自分がどんな住まいで暮らしているかイメージを創ってきました、お試しあれ。

そうそう、下北沢KLASINAさんで不思議なキモ可愛い展覧会してます。

https://klasina.tokyo/

素敵な一日をおすごしください。

 

 

 

 

 

1マイルウェア

水星天王星、牡牛座で合。スマホは手放したけど、今日からパソコン教室通い。

息子いわく「パソコンがどうして動くか根本的なところから解ってないから、トラブルが起こるたび騒ぐ」と嫌がられてましたが、年取るほどパソコンは最高の味方になる宝の箱、もっと仲良くしたい。

Img_8466

さてマリアンヌ・フェイスフルの紺ブレ?この着こなしに昔は憧れたけど。。。

今必要なのは、紺ブレじゃなく、週二回電車に乗って通うストレッチクラス用の1マイル、いや2マイル、3マイルウェア。

そのためのジャージ、スニーカーでも電車に乗れるスタイル?

時々マンション内や街で、カッコよくスポーツウェアを着こなす若いご夫婦など見かけますがおばあさんが運動着って?

これはかなりハードルが高いけど、楽しい脳トレ!と思うことにしよう。

オシャレも、「頑張ってます!私」より、ほどほどにリラックスしてるほうが素敵。

素敵な一日をおすごしください。

 

 

頑張らない

双子座の月、火星は木星と拮抗状態。何事も頑張りすぎず、ほどほど。

Img_8468

渋谷区はシニアが元気になるための講座が多く、ストレッチなど楽しい。そこで先生曰く、昭和を生きた人々は、頑張る!根性!が好き。

しかし、それで無理をして体を壊す人も多く、ある程度の年令になったら、1万歩なんて歩かず、力を抜く!事を覚えて。

この力を抜く!って、意識しないとできません。。。

確かに、エアロビクス、ジョギング、ビリーザブートキャンプなど流行りました。。。

身体、気持ちのイタタタ~という声が聞こえたら、無理しない、いやできません。

素敵な一日をおすごしください。

 

 

 

 

福相

Img_8460

ごちそうさま!美味しゅうございました。

連休中、若いお嫁さんが作ってくれたハンバーグ、アスパラ添えのビーフストロガノフ。

サフランライスもたっぷりで、普段なら大さじ2杯のご飯で満足な私は、半分にして!とも言えず。。。

でも、なんと若い息子夫婦と同じ量を完食、我ながらビックリ。その後のデザートも。

お嫁さん、今の若い人には珍しく、お米、それも白米大好き。

ご実家では、毎朝、お味噌汁に卵、お魚と和食で育ったので、元気でお肌もつやつや、ご家族は皆長生き。

モデル体型ではなく、どちらかというとぽっちゃり?タイプ(失礼)ですが、とにかく健康。

お米をしっかり食べていると、心のバランスも取れ、冷え知らずなので、人相は福相になる。

果物も食べるし、GI値、糖質制限?とはかけ離れているけど、いったい食事の摂り方は何がいいのだろう。

と、模索中でしたが、今日は水星も牡牛座に入る。

そう、自分が食べたいものを食べるのが一番!

素敵な一日をおすごしください。

牡牛

牡牛座で昨日、新月。本当に自分が心身とも満たされることを真剣に考えたい。

まだ今朝も牡牛座の月なので、牡牛で気になることがある。

メキシコのグアダルーペのマリアを調べていたら、ガリア地域の黒マリアに興味は飛んでいった。

そういえば「二人の女王」でも、フランスからイギリスに渡るメアリーは、大事そうに黒マリアを抱いていくシーンがあった。

黒いマリア像は、ガリア地域から頻繁に発見され畑の中や河原の茂みなどで発見されたが、田中仁彦氏の「黒マリアの謎」によると、一説によれば、このうち8割が牡牛による発見説。

Img_8459

鋤を引く牡牛がある場所まで行くと動かなくなりひざまずいてしまうので、そこを掘り出すと黒い聖母子像が出てきたとか、牡牛がいつも谷川を渡って何かを拝みに行くので?!後をついていったら茨の茂みの中に黒いマリアが横たわっていたとか。

Img_8458

牡牛はライダー版タロットカードの大アルカナ「世界」にも出てきますが、ルカによる福音書。

以前、世界中を飛び回っている人が、「ガリアを調べるといいのでは?」って言ってくれた。

そして、また一人は、「貯金して一緒にフランスへ行きましょう」と言ってくれた。

その時、はい、はいとそう真剣には考えてなかったけど、こうしてまた私の琴線に触れることがあるともうこれはメッセージ。

そしておまけ、なんと黒マリアは日本の鶴岡市にもいました!

鶴岡市、子供の頃、父の転勤で1~2年住んでましたが、月山を毎日窓から眺め、鳥海山など山の中は不思議な気持ちになる一番好きな転勤地でした。

素敵な一日をおすごしください。

 

 

 

お米とぎ

無洗米も2回、さっと洗ってから炊くと美味しい。

Img_8456

さて、子供が小さい頃必死で働いていて、朝、夜のご飯の炊飯器をセットするのを忘れたことがあった。

3時頃、家に電話して小学校低学年の長男に、「お米をといで、水が濁らなくなったら炊飯器に入れてスイッチ入れてね」と電話。

6時近くに、下の子を保育園でピックアップして家に帰ったら、長男は紅葉のような真っ赤な手をして

「お母さん、まだお水は透明にならないんだよ」!!!

あの頃無洗米があったら。。。

お米を洗うたびに、その事を想い出す。

明日はこどもの日、こんなダメダメな母親のところに、子どもたち、来てくれてありがとう。

楽しいことも、胸がキュンと鳴ることも、自己嫌悪に陥ることもいっぱいあったけど、今では様々な想い出が全てが宝物。

子育てというけど、一番私が育てられました。

素敵な一日をおすごしください。

« 2019年4月 | トップページ | 2019年6月 »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ