« 換気口カバー | トップページ | 雲海の上の旅人 »

パンプス

Img_8518

蟹座の月。自分の身体と心を守る。

ある大臣がパンプスは「社会通念に照らして業務上必要かつ相当な範囲かと思います」とおっしゃった。

外反母趾や内反小趾など足のトラブル、腰痛を抱えて、でも、不快なストッキング(今は売上が落ちているそう)、パンプスを履かなければ仕事上不利になる女性のなんと多いことか。

確かに美しいマノロ・ブラニクのハイヒールなど見ると女性に生まれたのに履けないなんて残念と思う。

しかし、仕事上、冠婚葬祭用のようなパンプスを毎日職場で履かなければいけない人は多い。

たしかに今は、走ることが出来るパンプス、一日中履いても疲れないというパンプスがあるらしいが。

男性も、女性も自分の身体も心も歓ぶ自由なスタイルで生きる自由。

これが欲しいのです!

制服という物が根強くある日本社会、昔、省エネルックで半袖背広なるものが登場したが、かっこ悪く失敗に終わったじゃない、官僚のセンス、感覚って???

規制や決まりが多いけど、その中でどうやって自分の個性を出し、自分が気持ちよくいられるか?

学生時代、目立たないひっそりした生徒でしたが、日々、制服の丈、幅を手縫いでお直ししていた私。。。

男女とも多少の自由が許される環境なら、そこでオシャレのセンスを磨こう、社会でも認められ、自分も心地よいスタイルを。

そうすれば、同性にも異性にも好感度アップ、なにより自分が元気になる。

素敵な一日をおすごしください。

 

 

« 換気口カバー | トップページ | 雲海の上の旅人 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 換気口カバー | トップページ | 雲海の上の旅人 »

2019年9月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30          
無料ブログはココログ