« アンチエイジング食材 | トップページ | ココナツパウダー »

植物は味方?敵?

Img_8659

「植物はなぜ動かないのか」稲垣栄洋著。

弱いけど強いのが植物。

この本を読むと植物は動かない為に、己自身を守るために自分自身を変えて生きていく。

草食動物に食べられないように、対抗手段の一つとして毒を持つ。

どんな悪条件の中でも、戦わずして生き延びるため、臨機応変に変化する。

踏まれても立ち上がるという無駄な事にエネルギーを使うより、どうやって種子を残すかを考える。

今まで、植物の力が凝縮されたアロマやフラワーエッセンスの恩恵はたっぷり受けてきた。ありがとう。

また先日、数ヶ月前は大好きだったライ麦パンを食べたら美味しくなく(最近は味覚が変わった?)やめた。

昔マクロビ、自然食の洗礼を受けてるので、心の隅っこに、植物性は良い子、動物性は。。。という思い込みが今もある。

グルテン、レクチンなどが腸を傷つける説など知ってから、一つずつ人体実験中だが、小麦、雑穀、豆類は控えてみたら、お腹が張って苦しいことなどなくなった。

ピタゴラスは豆は食べるなと、これは諸説ありますが単にお腹にガスが溜まるからと言う説もある。

また、ハーブティーで有名なヒルデガルド・ビンゲンが「ライ麦は温だが、小麦よりやや冷で、これを焼いたパンは力強く、健康者には有益で体質を強化するが、胃弱には勧められない。大麦の常食はよくない。」

牡牛座の天王星は今日も、乙女座の金星火星にエールを送ってくれる。

今までの、前例や常識だったことを自分の体や心が喜ぶ方へ、冷静に分析、検討して変えてみる。

素敵な一日をおすごしください。

 

 

« アンチエイジング食材 | トップページ | ココナツパウダー »

ヘルスケア」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« アンチエイジング食材 | トップページ | ココナツパウダー »

2019年10月
    1 2 3 4 5
6 7 8 9 10 11 12
13 14 15 16 17 18 19
20 21 22 23 24 25 26
27 28 29 30 31    
無料ブログはココログ