« 前髪カーラー | トップページ | 冠位12階 »

黄櫨染

天皇即位の礼でお召しになるのが、黄櫨染御袍(こうろぜんごほう)

気になったのが、その美しい黄金色の黄櫨染。

櫨(はぜ)の渋皮とすおうから染め上げ、黄色がかった茶色、又は赤みがかった黄色。

最も重要な儀式で天皇だけが着用できる1200年来の最も厳格な禁色。

普段はしっとり落ち着いた色調を持つ布だが、太陽の光を通すと染布の裏が真っ赤に輝き、太陽の輝きを宿すと言われる。

実はこの色、いやこれに近い色をいつも着るおしゃれな白髪マダムがいる。

まあ、オシャレさん!で、見事な白髪はその日によって夜会巻風にアップ、メガネはテンダーロイン!

夏の間は白+ヴィヴィッドカラーだったのに、秋風が吹いてきたら金茶色のトップス。

この色は秋の実りの色でもあり、豊かさ、豊穣の色。

Img_8855

一枚欲しい色彩の服。

さて下弦の月になってきたので、くたびれた夏服は終わりにして、黄櫨染ぽい色の服をお仲間に加えたい。

素敵な一日をおすごしください。

 

« 前髪カーラー | トップページ | 冠位12階 »

ファッション・アクセサリ」カテゴリの記事

コメント

コメントを書く

(ウェブ上には掲載しません)

« 前髪カーラー | トップページ | 冠位12階 »

2020年3月
1 2 3 4 5 6 7
8 9 10 11 12 13 14
15 16 17 18 19 20 21
22 23 24 25 26 27 28
29 30 31        
無料ブログはココログ