ファッション・アクセサリ

Do it yuourself!

Img_7244水瓶座モードだと水瓶座っぽいものに目が行く。

さてさてアマゾンプライムでヴィヴィアン・ウエストウッドが70歳のバースデーを記念して作られたドキュメンタリーを見た。

Do it yourself!  2009年、この年のコレクションのテーマだ。
彼女は若い頃、美術講師をしていたんですね、そして70歳でも自転車が大好き。
(自転車が好きな人は男女とも自分で好きなように自由に生きたい、人に乗せてもらう、連れて行ってもらうのではなく)

日本では彼女の王冠と地球をミックスさせたロゴが有名でバッグやお財布など小物をよく見かけますが、改めてワンピースやコート、ジャケットなどをみるとエレガントで普通に着られそう。

彼女の常に解体して再構築!する姿勢は天王星、水瓶座っぽい。

年齢や肌の色やお金のあるなしではなく、その精神にあこがれるならいくつになっても着れるはずだ。

ちなみに彼女、1941,4,8生まれの牡羊座さんでした。

Do it yourself  きっと必要なメッセージだろう。

素敵な一日をおすごしくださいheart

ディオールのタロット柄

Img_6997イタリアのアンティーク、プレイングカード。


さてさてGUCCIとはまた趣は違いますが、ディオールの2018,クルーズコレクションにタロットモチーフのバッグやサンダル、スカーフが登場。

https://www.cafeglobe.com/2017/11/065993dior.html


丁寧な刺繍、カラフルな色彩。

蜂や五芒星がありますが、意味を知って持つことは、よりそのイメージを引き寄せる力となる。

気になるのは、ディオール自身がタロットや占星術に興味を持っていたこと。

実際ファッション関係の人は占星術がお好き、CHANELなど自分が生まれた獅子座アイテムをサロンに自宅にとあちこちに取り入れてました。

ラッキースターと言われる木星は一年に一つのサインにとどまるので、その年のトレンドを表すから、常に先物の商品を作る人は当然チェックすべきこと。

さて今の蠍座の木星は11月8日に次の射手座へと移動する。

その頃羽ばたけるように、今から少しでも準備。

素敵な一日をおすごしくださいheart

マノロ・ブラニク

Img_7085久しぶりに心が喜ぶ映画を見た、「マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年」


以前雑誌の写真で、美しい小さなピンクのバラがついている靴を見た、あまりの美しさで履けなくてもこんな靴があったら、毎日眺めているだけで喜びに包まれるだろうと。
その靴がマノロ・ブラニクという不思議な名前なことは後で知った。

彼の靴の美しさは品があり、美しい色彩に目が奪われるが、その原点は幼少時代の育った光あふれるカナリア諸島の自然。

ドキュメンタリーだからいつものアナ・ウィンターなど登場するが、もう懐かしい時代が蘇るのは、元ミックジャガーの奥さん、ビアンカやティナ・チャウ、そして大御所のカメラマン、デヴィッド・ベイリーなど登場する。

ファッション大好きだった若い頃、皆パリを目指すが、そのうち進んでいる?子達は当時、ロンドンに向かうのだった。

マノロ氏のソックスと靴の組み合わせもさすがで、不思議に映画館にはオシャレな男性も。

プラド美術館のキュレーターが
「良い一日にするならば、美味しいもの?良い物?を食べること。」
「良い一ヶ月にするならば、○○○。。。」
「良い一生にするならば、庭の手入れを「すること」

二番目の一ヶ月~を聴き逃したのが、残念!もう一度見に行こうかしら。

1942,11,27生まれの射手座。語学堪能だ。

さて月は身体部位足の魚座は朝方に抜け、牡羊座に。
金星土星とかかわるので、本当に心喜ぶものだけで生きていきたい。マノロ氏のように。

素敵な一日をおすごしくださいheart

ロンドン!

Img_6856図書館で見つけた本、なんと一年前のものなのにカッコいい。


今までパリのマダム~などばかし見ていたが、この本の中は素敵だ。

ちなみに表紙の方は60歳。

パリに比べて、若い頃パンク?の洗礼を受けた方が多いのかな。

そして気になったのが靴、スニーカー愛用者が多く、またカッコいいのはその足元。

Img_6853

Img_6857 靴が普通のパンプスだとおばさんぽくなるのにスニーカーだとカッコいい。

Img_6858日本でスニーカーを履く高齢者は足元がおぼつかないです~私、足腰弱い象徴のように見えちゃう。

Img_6855_3さてさて木星が蠍座IN!ですが、月双子に入ったせいか、昨日からスニーカーばかり気になる。

深く極める・・・この一年の課題。トコトン好きな事、物のエキスパートになりたい。

素敵な一日をおすごしくださいheart

ディオールのタロット柄

Img_6683
タロットの古典版、ビスコンティスフォルツァ。


ディオールのドレスにこの柄があるではないか!
http://blog.vogue.co.jp/posts/2616791?categoryIds=19822


ディオール、小さなクラッチバッグなどでタロットの太陽や星のモチーフを見かけたが、これは圧巻。

折しも、10月10日にはトレンドをも表す木星が蠍座に入る。

タロット、占星術モチーフ、GUCCIのミケーレ、錬金術!ぽい物と目が離せない。

素敵な一日をおすごしくださいheart

足元

Img_6620魚座の月、魚座の身体部位は脚じゃなく、足。


Img_6619オシャレさんはみんな足元が決まってる!

それに引き換え、最近の私は、靴といえばビルケン、ダンスコ、スニーカーの日々(泣)

魚の月の日こそ、魚の目や角質をとって、いつかはオシャレな靴が履けるようにメンテナンスしよう。。。

素敵な一日をおすごしくださいheart

手仕事

Img_6628自分では完成度の高い手仕事は出来ないが、丹精な刺繍、繊細なレースなどいくつになっても好き。


それが身にまとう服だけじゃなく、暮らしの中にほんの少しあると幸せ。
(息子たちがおばあちゃんの家みたくなるから、電話やFAXに近沢レースをかけるのはやめろとうるさいのでかなり厳選してるけど)

まるで宝の山。。。

今日は獅子座に水星が入った。

月は射手、明るい未来を信じてみる、何か創造してみる。

素敵な一日をお過ごしくださいheart

蠍座モード

Img_6635今日の月は蠍座、そういえば秋(10/10)には木星が蠍座に入るので、そろそろ蠍座モードへの移行準備。


一年滞在する木星はその年のトレンドを表すが、パープルやワイン色がぴったりの蠍座モードはもう少し涼しくならないと。。。

さすがにさそりのモチーフはなかなか見当たらないが、蛇なら代用できそう。


Img_6630

蠍座の月の日は、深いところの水場掃除。排水溝、洗濯槽など隠れているところなど水場。

素敵な一日をおすごしくださいheart

黒田商店の履物

Img_6560山羊座マダム、いつも品の良いお着物。夏の暑い日も、みぞれ降る冬でもチャチャッとお着物でも小走り。(ヤギさんですよね~)


ふっと足元が下駄かと思いきや、底はゴム底?!で分厚く歩きやすそう。

そういえば、この下駄?らしき履物、おしゃれなロングスカートやワンピースの女子が履いて地下鉄でよく観かけた。

聞いてみると、黒田商店の製品で、鼻緒はイタリア製で好きなのに付け替えてくれる。

底がすり減っても、ゴムの張替えをしてくれるなどで、鼻緒の調整などメンテナンスも丁寧なので一生履けそう!

それも、彼女のようにお着物、浴衣でも良いけど、スカートでもパンツでも素足に履くと気持ちいいようだし、ゴミ出しにも行けるオールマイティの子だ。

底が安定し、指が開くので足も体幹も安定しそう、この履物だから彼女はお着物でも次々人を追い抜かす早足さんなのね。

さてさて月は牡牛座。アンチエイジング、美と健康を目指し、それのヒントを見つけていこうと思います、これから。

月は蟹座の火星と良い角度なので、牡牛座の身体部位、首からデコルテのマッサージ、それも温かいお風呂でアロマなら、ローズやイランイランを使ってリンパやむくみを流して。

ローズのキャンドルや薔薇の入浴剤も美しくなる努力をコツコツ頑張る人の後押しをしてくれるでしょう。

素敵な一日をお過ごしくださいheart

ペチコートは何処?

昔、ケーリー・グラントが出る「ペチコート作戦」というアメリカのコメディ映画があった。


暖かくなり、スカートを履きたくなったがちょっと寒い。そんな時、ペチコートがあると、薄手のスカートも透けないし、滑らかで足さばきも良い。

ところが、探しても探しても、私がイメージしているペチコートはなく、短め、またはキュロット型で、レースなし。エッ、レース付いてないの?

下着でレースなし?今はシンプルな天然素材愛用傾向なのか、昔のようなレース付きは古い過去のものなのだろう。

ワコールやトリンプではベージュやバラ色や真紅、黒などのランジェリーはゴージャスなレース付きがあるけど、ペチコート、スリップの白が見つからない。

スリップもペチコートも長め丈、色は白!裾にはゴージャスなレースが10センチ幅くらいのが欲しいのです。

そのレースもお粗末なものだと、皮膚が痒くなるから、そこそこに良い物であってほしいし。

大昔、ニースかパリ?で買ったキャミソール、スリップは信じられないくらいの値段、服はほとんど買わなかったが手にとったらここで連れて帰らなきゃ一生後悔する!と。

下着は洋服の下に着るものだから、清潔であれば地味で洒落っ気など出してはいけないという家庭で育った娘には、生まれて初めてのカルチャーショックにノックダウン。

うっとりする風合いとレースが、誰に見せるわけでもなく、自分がひとりニンマリでき、着ている間は人生が薔薇色。。。

外側には粗末な木綿の手縫い服でも、一日中幸せになるものです。
逆行天体が多いので、昔の映画、クラシックなスタイルが見たい。

素敵な一日をお過ごしくださいheart

より以前の記事一覧

2018年2月
        1 2 3
4 5 6 7 8 9 10
11 12 13 14 15 16 17
18 19 20 21 22 23 24
25 26 27 28      
無料ブログはココログ