ファッション・アクセサリ

レインシューズ探し

Img_7604また今年もレインシューズ探しをしているうちに、梅雨。

長靴だとよそにお邪魔した時脱ぎ履きが大変、で普通の靴?のような顔をしているものを探すと、ローファー、バレーシューズ型がある。けれど、大雨の時は甲が濡れる。

ということで、ある程度甲が隠れる物を探していた。

探し出す時期が遅かったせいか、これなら!と思ったマーガレット・ハウエルのエナメル風紐靴、これはもう欲しい色もサイズもない。

何事も先手先手で晴れの日のうちに、動くべきだった。。。

さてさて、月は牡牛座。

14日の双子座新月に向かって心地よくない物をせっせと捨てられそう。

昨日はお箸類を整理、コロコロ転がってイラッとする丸い形を一掃し、転がらない四角だけ残したらスッキリ。

素敵な一日をおすごしくださいheart

メットガラ

Img_7476最近のおやつ。


さてさてメットガラから目が離せない。今回のテーマは「カトリック」。

キュレーターのアンドリュー・ボルトン氏は批判も出るだろうこのテーマのために、バチカンの協力を得るため12回訪れているというから凄い。

今回、このカトリックと言うテーマのため、キリスト?マリア?天使?が降臨し、ジャンヌ・ダルク?や法王?がまるで絵画から抜け出したようで面白い。


かぶりものも、光輪?法王?小林幸子?と楽しいが、テーマがテーマだけに、個人的には露出度が高いものより、クラシックで、カトリックのテーマを上手く取り入れているマドンナ、GUCCIのミケーレ様などが素敵。

カトリックの象徴はタロットカードにもたくさん出てきますので、象徴探しは楽しい。

月はキリストの象徴、魚座。

今日もメットガラ映像に釘付け。

素敵な一日をおすごしくださいheart

chizuさんでした!

Img_7481_2数年前、忘れられないくらい素敵な人を駅で見かけた。


白髪交じりの一つにまとめたパーマの髪、グレーのジャケット、それに膝丈のタイトスカート、足元はタイツにローファーで人混みの中をさっさと歩く姿のカッコよさ!

その日の日記に、彼女の後ろ姿のデッサンが残ってます。(素敵な人に巡り会った時、忘れないように描いちゃいます。知らない人に向かってさすがに写真は撮れないもの)

ずっと気になっていたその人は、フードスタイリストのchizuさんでした!

書店でこの表紙を見てすぐわかり、嬉しくて。

彼女のオシャレは、きちんとしている。仕事柄、世界中のあらゆる人と出会う機会が多いからか、どんな高級レストラン、ホテル、メゾンでも通用するのでは。

それでいて、これとわかるブランド物は身につけず?(とはいってもかなり上質の物、ドリス・ヴァン・ノッテン?)、つけても下品でいやらしくなく、時計やアクセサリーなどは遊び心があって楽しい。

60歳過ぎたら、今まで着ていてお気に入りのものが、ある日ヘンテコなのに愕然とすること、その対処法など、改めて服の着方の基本や大人なら避けるべき事をやんわりとこの本には書いてある。

基本をしっかり押さえて、後は自由に楽しく遊ぶ。

たくさんオシャレの先輩が本を出してますが、妹より若い彼女(4月生まれとありますので、牡羊座?牡牛座?)、土星世代の理想の人がやっと見つかった。

さてさて今週は来週の新月、天王星移動の前の準備。

素敵な一日をおすごしくださいheart

りんごの染め物

Img_73514/4~4/10まで、銀座三越7階で、着付け教室で人気の武藤夕貴子さんディレクションの、上田紬などが展示、販売します。


武藤夕貴子さんといえば、雨でも雪の日でも素敵にお着物を着て、ササッと闊歩する素敵な人。

特にその着こなしは、今普通に着て街を歩ける感じなのです。決して冠婚葬祭のみというより、普段の衣として普通に自然に纏う。

それは日本の風土に合い、日本人を最も美しく見せ輝かせる衣なのでしょう。(彼女の選ぶ色や柄、素材が自然でセンスが良いのです!)

着物というと敷居が高く、普段着られないけど、彼女の着付けや帯締めや他の小物使いは、日常の楽しみから選び、日々の暮らしの中に溶け込む。

特に今回の素材は自然のものが多く、今回の紬も林檎の皮で染めた糸を使っていて、シナノゴールドとかりんごの種類で微妙に色が違ってきます。

着物、ハードルが高いと思ってましたが、これこそ普段毎日毎日着て、一年後には自分の衣となれば良いなあ。

さてさて、逆行中の水星は太陽と重なり、火星土星も。

自分の目標や進む方向性が決まって歩きだすと、次々とそれに関わることが引き寄せられ飛び込んでくるのは嬉しいが、そこに到達するまでのハードルは次々と現れる。

乗り越える勇気、形にする忍耐力、継続力を火星と土星、力を貸して!

素敵な一日をおすごしくださいheart

花粉

Img_7311三寒四温。


暖かくなってきて今年も悩まされるのが花粉。

友人とお出かけしてて、彼女も花粉症なの~というのにひどいのは私で鼻水タラタラ。

なぜだろう?と話しているうちに気がついたのは、彼女はアウターでニット、ウール素材をほとんど着ない。

冬はダウンか皮、春や秋はトレンチなど。

インナーでもウールのニットは着ないのです!

それに引き換え私は、コートはほとんどウール、そしてウールやアンゴラのセーター着用。

時にはスカートも冬はウールばかり。


コートは収納するのにも場所をとる。もう細心の注意を払って、良きものだけを選ばなきゃ。

服を買うのに、花粉がスルッとつかない素材!今まで考えても見なかったが、快適におしゃれして、快適に暮らすためには大事なことのひとつだ。

さてさて夜には魚座で新月。

自分が喜ぶことにリセット。

素敵な一日をおすごしくださいheart

Do it yuourself!

Img_7244水瓶座モードだと水瓶座っぽいものに目が行く。

さてさてアマゾンプライムでヴィヴィアン・ウエストウッドが70歳のバースデーを記念して作られたドキュメンタリーを見た。

Do it yourself!  2009年、この年のコレクションのテーマだ。
彼女は若い頃、美術講師をしていたんですね、そして70歳でも自転車が大好き。
(自転車が好きな人は男女とも自分で好きなように自由に生きたい、人に乗せてもらう、連れて行ってもらうのではなく)

日本では彼女の王冠と地球をミックスさせたロゴが有名でバッグやお財布など小物をよく見かけますが、改めてワンピースやコート、ジャケットなどをみるとエレガントで普通に着られそう。

彼女の常に解体して再構築!する姿勢は天王星、水瓶座っぽい。

年齢や肌の色やお金のあるなしではなく、その精神にあこがれるならいくつになっても着れるはずだ。

ちなみに彼女、1941,4,8生まれの牡羊座さんでした。

Do it yourself  きっと必要なメッセージだろう。

素敵な一日をおすごしくださいheart

ディオールのタロット柄

Img_6997イタリアのアンティーク、プレイングカード。


さてさてGUCCIとはまた趣は違いますが、ディオールの2018,クルーズコレクションにタロットモチーフのバッグやサンダル、スカーフが登場。

https://www.cafeglobe.com/2017/11/065993dior.html


丁寧な刺繍、カラフルな色彩。

蜂や五芒星がありますが、意味を知って持つことは、よりそのイメージを引き寄せる力となる。

気になるのは、ディオール自身がタロットや占星術に興味を持っていたこと。

実際ファッション関係の人は占星術がお好き、CHANELなど自分が生まれた獅子座アイテムをサロンに自宅にとあちこちに取り入れてました。

ラッキースターと言われる木星は一年に一つのサインにとどまるので、その年のトレンドを表すから、常に先物の商品を作る人は当然チェックすべきこと。

さて今の蠍座の木星は11月8日に次の射手座へと移動する。

その頃羽ばたけるように、今から少しでも準備。

素敵な一日をおすごしくださいheart

マノロ・ブラニク

Img_7085久しぶりに心が喜ぶ映画を見た、「マノロ・ブラニク トカゲに靴を作った少年」


以前雑誌の写真で、美しい小さなピンクのバラがついている靴を見た、あまりの美しさで履けなくてもこんな靴があったら、毎日眺めているだけで喜びに包まれるだろうと。
その靴がマノロ・ブラニクという不思議な名前なことは後で知った。

彼の靴の美しさは品があり、美しい色彩に目が奪われるが、その原点は幼少時代の育った光あふれるカナリア諸島の自然。

ドキュメンタリーだからいつものアナ・ウィンターなど登場するが、もう懐かしい時代が蘇るのは、元ミックジャガーの奥さん、ビアンカやティナ・チャウ、そして大御所のカメラマン、デヴィッド・ベイリーなど登場する。

ファッション大好きだった若い頃、皆パリを目指すが、そのうち進んでいる?子達は当時、ロンドンに向かうのだった。

マノロ氏のソックスと靴の組み合わせもさすがで、不思議に映画館にはオシャレな男性も。

プラド美術館のキュレーターが
「良い一日にするならば、美味しいもの?良い物?を食べること。」
「良い一ヶ月にするならば、○○○。。。」
「良い一生にするならば、庭の手入れを「すること」

二番目の一ヶ月~を聴き逃したのが、残念!もう一度見に行こうかしら。

1942,11,27生まれの射手座。語学堪能だ。

さて月は身体部位足の魚座は朝方に抜け、牡羊座に。
金星土星とかかわるので、本当に心喜ぶものだけで生きていきたい。マノロ氏のように。

素敵な一日をおすごしくださいheart

ロンドン!

Img_6856図書館で見つけた本、なんと一年前のものなのにカッコいい。


今までパリのマダム~などばかし見ていたが、この本の中は素敵だ。

ちなみに表紙の方は60歳。

パリに比べて、若い頃パンク?の洗礼を受けた方が多いのかな。

そして気になったのが靴、スニーカー愛用者が多く、またカッコいいのはその足元。

Img_6853

Img_6857 靴が普通のパンプスだとおばさんぽくなるのにスニーカーだとカッコいい。

Img_6858日本でスニーカーを履く高齢者は足元がおぼつかないです~私、足腰弱い象徴のように見えちゃう。

Img_6855_3さてさて木星が蠍座IN!ですが、月双子に入ったせいか、昨日からスニーカーばかり気になる。

深く極める・・・この一年の課題。トコトン好きな事、物のエキスパートになりたい。

素敵な一日をおすごしくださいheart

ディオールのタロット柄

Img_6683
タロットの古典版、ビスコンティスフォルツァ。


ディオールのドレスにこの柄があるではないか!
http://blog.vogue.co.jp/posts/2616791?categoryIds=19822


ディオール、小さなクラッチバッグなどでタロットの太陽や星のモチーフを見かけたが、これは圧巻。

折しも、10月10日にはトレンドをも表す木星が蠍座に入る。

タロット、占星術モチーフ、GUCCIのミケーレ、錬金術!ぽい物と目が離せない。

素敵な一日をおすごしくださいheart

より以前の記事一覧

2018年6月
          1 2
3 4 5 6 7 8 9
10 11 12 13 14 15 16
17 18 19 20 21 22 23
24 25 26 27 28 29 30
無料ブログはココログ