ファッション・アクセサリ

「つづく」

Img_9125

ミナペルフォネン、皆川明氏の「つづく」展へ。

美しい色彩の展覧会。

Img_9128

憧れの小鳥や花々のレース、丁寧な刺繍をあしらったワンピースなどなど。

昔、小鳥型のバッグが気になり、本物を見てみたく白金台の店に。

行く途中、街でミナのワンピース着用の人を数人見かけ、白金マダムの普段着?!

実際の小鳥バッグは、美しく丁寧に作られていたが、かなりの重さ、取手に腕を通す持ち方は向かないなど断念。

今回、ミナの商品がどれだけ丁寧な仕事をしているかがわかったし、当然それなりの価格になるのか納得。

大好きな服を毎日来て過ごすことの心地よさを、素敵な映像で見る。

最近、服はワンピース、羽織物少々で良し?と思う。

トップス、ボトムスの収納もないし、コーディネイトなど考えることなしで一枚着れば出来上がり!

皆川明氏、穏やかな語り口など拝見していると、職人さんとの交渉などもきっとうまくいく人なのだろう。

自分の夢を叶えるためには人の手をお借りするが、きっとこの人の夢、叶えてあげたい、力を貸してあげたいと思わせちゃう人だ。

また彼は美味しい物好き?

結構食にこだわっているから、良い食事は彼の細胞を作り、あれだけの美しいものを生み出すのだろうか?

さて本物のミナの服を触りたく、展覧会の後、表参道スパイラルへ。

Img_9134

どうも皆その流れなのか?平日なのに混んでる~

Img_9130

ミナのコートが似合うおばあさんになりたいと思ったが、丁寧な作りは重い。。。

春夏に軽やかなワンピースを見に行こう。

素敵な一日をおすごしください。

 

エコバッグ

7月からレジ袋有料化のせいか、商店街の福袋は可愛いエコバッグ入りが目立った。

以前アメリカ映画でアフター5、急に合コンの誘いを受けた女子が「ヤダ!今日はエコバッグで来ちゃったもの!」というセリフが。

スタイリストの石原佐知子さんは「エコバッグだけで外出しちゃだめよ」とおっしゃるが、最近新宿ビッグカメラあたりはエコバッグよ。

安楽さは恐ろしい、今では伊勢丹まで行ってしまう。

(エコバッグ外出は基本ひとり、または構わない息子の時のみ、お友達と銀座は皆様に悪いのでちゃんとバッグ、またはバッグ+エコバッグです)

そういえば大好きなノーラ・エフロン(ユー・ガット・メールなどの脚本家)を阿川佐和子さんが翻訳している「首のたるみが気になるの」というエッセイがある。

阿川さんの翻訳が心地よい。

その中で「バッグは嫌いだ」というのがある。

大きなバッグは機動隊だって撃退できるほど重いって!

大好きなノーラ・エフロンは長くなるのでまた今度。

私にとってペナペナのエコバッグは、タロットカード愚者の袋。

Img_9086

4つのエレメントどころか、6つも8つも宝物が入るんだから。

牡牛座の月、一番心地よいバッグは?

素敵な一日をおすごしください。

 

 

 

gucci

山羊座で金星冥王星が今日明日合。そばには土星。

この雰囲気、GUCCI?らしい。

Img_e9010

GUCCIのデザイナーがアレッサンドロ・ミケーレになってから覗いてみるけど、ショーウィンドウのこの花々!

中国の人と一緒に撮影。

こんな壁紙ほしい!

いやいや、タロットカードの裏側にしたらどんなに素敵だろう。

ミケーレになってから、中国の人向き?らしい開運アイテムが満載になった。

色彩は美しく、東洋のアイテムだけじゃなく、西洋のアトリビュートもあり、それを探すのがまた楽しみ。

月は蟹座、GUCCI家もはじめは小さく家族で始めたメゾンだが、今に至るまでにはお金目当てで近づく女や、その人を暗殺するなどの歴史がある。

これはぜひ映画化してほしいわ。

今日明日、家族で、一族で、気心の知れた友人たちと楽しいひと時を。

素敵な一日をおすごしください。

 

 

 

冠位12階

Img_8841

603年に聖徳太子が制定した冠位12階。

最も位が高いのが、紫、青、赤、黃、白、黒の順番。

各色も濃い色が位が高く、次が淡い色となるので、もっとも低いのが黒の薄いもの、濃いめのグレーということ?

陰陽五行が由来なので、木(青)、火(赤)、土(黃)、金(白)、水(黒)の順で、最も高いのが蘇我入鹿が着ていた紫という。

さて秋風が吹いて、街には不幸が在ったの?全身黒尽くめの人が多い。

中国の方々も昔は赤や黄色着用が多く滅多に黒はお召にならなかったのに、今ではヨウジ・ヤマモト?ギャルソン?の黒愛用者をよく見かける。

そういえば先日、クライアント様で幼稚園お受験の方が、お母さんのスーツはもちろん紺、黒はお葬式の色だから落とされることもある!というビックリ話を耳にした。

黒、ブラックドレスさえあれば。。。と言われるが。

色彩は魔術。

さてさて、今日から11/7まで秋土用。

今あるものを整理して、次の季節に向かう準備。

素敵な一日をおすごしください。

黄櫨染

天皇即位の礼でお召しになるのが、黄櫨染御袍(こうろぜんごほう)

気になったのが、その美しい黄金色の黄櫨染。

櫨(はぜ)の渋皮とすおうから染め上げ、黄色がかった茶色、又は赤みがかった黄色。

最も重要な儀式で天皇だけが着用できる1200年来の最も厳格な禁色。

普段はしっとり落ち着いた色調を持つ布だが、太陽の光を通すと染布の裏が真っ赤に輝き、太陽の輝きを宿すと言われる。

実はこの色、いやこれに近い色をいつも着るおしゃれな白髪マダムがいる。

まあ、オシャレさん!で、見事な白髪はその日によって夜会巻風にアップ、メガネはテンダーロイン!

夏の間は白+ヴィヴィッドカラーだったのに、秋風が吹いてきたら金茶色のトップス。

この色は秋の実りの色でもあり、豊かさ、豊穣の色。

Img_8855

一枚欲しい色彩の服。

さて下弦の月になってきたので、くたびれた夏服は終わりにして、黄櫨染ぽい色の服をお仲間に加えたい。

素敵な一日をおすごしください。

 

山羊座のデザイナー

月は山羊座進行中。

明日にかけて土星、冥王星とヒットしていくので、大型台風が来る?

さてさて最近気になるのが、コシノヒロコさん。1937,1,15生まれの72歳!

先日テレビでお見かけしたら、元気でパワフルで失礼ながら、昔より美しく素敵。

彼女のそのバイタリティーの秘訣はなんだろう?

小篠家の方だから、当然?

Img_8713

この本によると、毎朝、山芋を召し上がっているそうです。

ヒロコさん、デザイナーの顔の他、画家としても素敵で、描く絵がみたいけど、銀座の画廊は残念ながら閉じてしまったみたい。

いつか、芦屋に行ってみてみたい。画廊?は安藤忠雄さん設計っだったと思う。

またご自宅も素敵。

住まいが素敵な芸術家は素敵な物を創造する。

う~ん、最高の贅沢はやはり住まいだ。。。

山羊座の女性デザイナーは、彼女の他、森英恵さん、鳥居ユキさん、山羊に近い射手の稲葉賀恵さんなど、以外に多い。

年令を重ねても、コツコツ努力し、責任を持って仕事を続けていく彼女たちは皆素敵。

山羊座の彼女たちはどんな家で、どんな住まい方をしてるのだろう?気になります。

さてさて、台風に備えてベランダの植木鉢を飛ばされないようにしよう。

素敵な一日をおすごしください。

 

 

 

若見え???

乙女座新月が開け、月は天秤座へ。

金星は木星と90度、土星とは120度と楽しみ、恋愛、美しい様々に、甘えより、秩序正しくと言い諭されているよう。

さてさて月が天秤に入り、今日は人から見ての見た目、これを意識するといいので、土星は年相応とささやく。

Img_8732

地曳いく子さんのこの本、冒頭にタイで出資法違反容疑で逮捕された62歳なのに38歳と年齢詐称した自称エリコ、あのショートパンツ、肩出し、カチューシャのイタイ彼女の話が出てきます。

この本だと、若見えのゴールはエリコさん=イタイ老け見え。

それよりは、マクロン大統領夫人のブリジットさんを目指そうと。

年齢だけじゃなく、ブランド品などの呪いから開放されて(とはいえファストファッションの取り入れ方も指南)、もっと自由に楽しくおしゃれして生きようではないか。

人生経験も積んで、目も肥えた年代こそこれから輝く。

若いことが良いことと思う男社会ではまだまだあるけど、徐々に年令を重ねた女性も素敵という男性は増えてきている。

これから高齢者ばかりの日本よ、健やかで輝く高齢者目指そう。

素敵な一日をおすごしください。

 

 

 

浴衣にサンダル!

水瓶座で満月。志を同じくした仲間と古いものを改革し自由になる。

というわけで、最近気になったのが、今の若い女子、いや男子も浴衣にサンダル!は可愛い!って。

ビーサンやビルケンのような草履型ならわかるけど、バックストラップが付いて、サボサンダルのようなヒールのものもあり?!

それどころか、例のモコモコファーサンダルもあり。

履いている女子は「だって下駄より断然歩きやすいんだもの~」

もう若い人は、自分の体の声に羨ましいくらい素直で自由。

オシャレに我慢はつきものなんて、土星世代の戯言かも。

浴衣にサンダルで驚いていたが、浴衣にスニーカーもローファーもありだそうだ。

浴衣にハイカットのコンバース、ちょっとかっこいいかも。。。

(改めて、コンバースのデザインは不滅!)

素敵な一日をおすごしください。

 

エレガンスの極み

Img_8649

三菱一号館美術館でマリアーノ・フォルチュニ展。

Img_8645

フォルチュニといえば、細かなプリーツのデルフォスというドレスで有名だが、私が初めて知ったのは昔、憧れの故ティナ・ラッツさんが収集していたと知ってから。

デザイナーだと思っていたフォルチュニは、画家、写真家、設計者とレオナルドダビンチのような才能溢れる人と初めて知った。

裕福な家に生まれているので、子供の頃から、母親が収集している日本の着物や浮世絵、画集が家にあり、モロッコやチュニジアと異国の美しいものにたくさん触れることができた人は、本物の美しいものを作り出せるのだろう。

女性の身体を開放したと言われるその優雅なプリーツは、ギリシャの女神のようだし、当時のイザドラダンカンなど皆を魅了した。

Img_8655

デッサン力のしっかりした画家としての才能もすごいが、見事なガウンなどの模様、織物の機械、捺染の木型、そして素敵な照明のデザインなど彼の才能の凄さ。

好きなものを作り出すために、布、捺染、プリーツ加工、機織り機とそれを完成させるために才能だけじゃなく財力もあるので製品化でき、しっかりしているのはその当時数々の特許もとっている。

1871,5,11スペイン生まれの牡牛座。

出生図では太陽に冥王星が重なり、火星や天王星といい角度。

自分の美意識を貫くため、苦労はいとわず、超人的な力を発揮した人であろう。

彼の影響を受けた筆頭として、現代版の素材でプリーツ・プリーズを創ったイッセイミヤケ氏。

展示の中で服をしまう小ぶりの箱、まるでシェーカーボックスのようなものがありましたが、イッセイさんのも小さく丸めて引き出し収納ができる。

ネットに入れて洗濯でき、収納も楽、そして美しい色彩のプリーツプリーズを改めて見直したい。

さてさてお昼に獅子座新月、そばには金星が寄り添っているので、大好きな自分になることを目指そう。

素敵な一日をおすごしください。

 

 

 

 

ピアス

先日のヤフーニュースに、今の20代の女性はピアス離れが増えていると。

イアーカフなどお手軽なオシャレもできる時代だし、就活もあるし。

ピアスを開けるために痛いのを我慢する、その後のメンテナンスの手間、金属アレルギーなどを考慮し、しない決断をする人は増えてくるだろう。

昔、ピアス全盛だった頃、蟹座の友人は絶対開けないと言っていた、ものすごくおしゃれなのに。

彼女いわく、自分の体に自分から傷、穴なんて開けられないわよ!

それを思い出してみると、太陽、月、アセンダント蟹座の女子は確かにアンチピアス派が多い気がする。

今日の月は蟹座。

自分の心も体もしっかり守る。

ピアス離れ、ストッキング離れ、ハイヒール離れなど、自分の体も心もゆったりストレスフリーな状態であるような、ゆったり天然素材ファッションに慣れてきた身体は、もう緊張感を強いられるスタイルは嫌になってくる。

ここでも、山羊座的なスーツやシャツなどカチッとしたファッションより、蟹座的、着心地重視、ホッとする家着風が好かれ、古い価値観は覆されてくる。

今日から8月3日までは、太陽天王星、太陽金星が90度になり、また水星が逆行から順行に移行する瑠の状態、交通、通信手段のトラブルなど予想されます。

4日からは滞った事が流れそうなので、ここ数日は次に動けるようにメンテナンスや準備。

素敵な一日をおすごしください。

より以前の記事一覧

2020年1月
      1 2 3 4
5 6 7 8 9 10 11
12 13 14 15 16 17 18
19 20 21 22 23 24 25
26 27 28 29 30 31  
無料ブログはココログ